本物のスペースシャトルが見学できるカリフォルニア・サイエンスセンター

ロサンゼルスにあるカリフォルニア・サイエンスセンターでは本物のスペースシャトル『エンデバー』を目の前で見学することができます。

エンデバーが展示されているカリフォルニア・サイエンスセンターはエクスポジションパークの中にあります。

スポンサーリンク

 

エクスポジションパーク


このエクスポジションパークはとても大きな公園でサイエンスセンターの他に自然史博物館やアフリカ系アメリカ人博物館などもあります。

サイエンスセンターの向かいには広大なバラ園もあってお散歩するだけでも楽しい公園です。

バラ園の向こう側にはメトロ・エクスポラインも走っていてとてもアクセスのいい場所です。最寄り駅はExpo Park/USC駅になります。

駐車場もあり、料金は一律12ドルでした。

館内に入らなくてもパーク内には軍用機の展示されていました。

ではお次はエンデバーが展示されているサイエンスセンターをご紹介します。

 

カリフォルニア・サイエンスセンター

カリフォルニア・サイエンスセンターの目玉は何と言ってもエンデバーですが、その他にも様々な展示を見ることができます。

エンデバーの展示室の前にスペースシャトルにまつわるものを見学します。

続いてエンデバーがロサンゼルスまで運ばれてくる様子を映した映像を見て、いよいよエンデバーとご対面できます。

ある程度知識を入れた後の見学は感動が増しました。

巨大な倉庫のようなところに展示されていて、触れそうなぐらい近くにエンデバーを見ることができます。

エンデバーグッズなども販売されていました。

出たところには燃料タンクも展示されていました。しかも野ざらし!

大きすぎて写真に収まりませんでした。

こんな大きなものが宇宙に行ったんだと思うと感動しますね。

宇宙にまつわる展示以外にも科学や環境について楽しみながら学ぶことができます。

この施設のすごいところは入館料が無料なところ。エンデバーの展示だけは2ドルかかりますが、その他の常設展示は無料になります。

無料の展示エリアだけでも十分な見ごたえで、家が近くだったら子供を連れて通いたいぐらいです。

サーモグラフィ越しに家族で記念撮影。

サイエンスセンター内にはカフェや休憩スペースもあるので、大人から子供まで1日楽しむことができます。

私たちが行ったときは体の仕組みに関する企画展(有料)もやっていました。

宇宙に興味のある方もそうでない方も是非足を運んでみる価値があるカリフォルニア・サイエンスセンターでした。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です