ディズニークルーズ フロリダ発 ドリーム号4泊5日⑤フレンチレストラン・レミー

2018年9月にフロリダ発のディズニークルーズ、ドリーム号に乗船しました。

今回はフレンチレストラン・レミーに行った時の様子をご紹介します!

サービズも味もとっても素晴らしくって、ステキな時間を過ごせました!

スポンサーリンク

レミー(Remy)とは

ディズニークルーズの食事は基本オールインクルーシブですが、予約と追加料金が必要なレストランがあって、それがパロとレミーです!

レミーはディズニー映画『レミーのおいしいレストラン』(英語では『Ratatouille』)をモチーフにしたフレンチレストランです。

私今までこの映画見たことがなかったので、この日までにクルーズ船のお部屋で見て予習しました!

ドレスコード

レミーとパロにはドレスコードがあります!

レミーの場合男性はタキシードかジャケットにドレスパンツがスラックス着用となっています。ネクタイは無くても良くて、靴はビーチサンダルやテニスシューズは禁止です。

女性はカクテルドレスかパンツスーツまたはスカートが指定されています。

男女ともにショートパンツ、ジーンズ、ビーチサンダルは禁止でした。

私はこんな格好で行きました!

総レースのロング丈ドレスです!

背の高い私でも引きずる丈なのでヒールを履きましたが、ぺったんこの人もいました!

この格好だとさすがに寒いかなと思ったけど、そうでもなかったです!

主人はジャケットにポケットチーフ、靴は革靴を一応持って行きましたが、カジュアルすぎなければスニーカーでも大丈夫そうでした。

ちなみにちなみに、フォーマル服を持ってこなかったのか、急遽予約を入れたのかわかりませんが、ジャケットとシャツと靴をお店から借りている人を見かけたので(しかも日本人男性!)最悪借りることもできるみたいですw

ディナー

知り合いにレミーは夜だと真っ暗で海が見えないからシャンパンブランチがおすすめと聞いていたのですが、予約が取れなかったのでディナーに行きました。

けど6時に予約を入れた私たちは夕日が沈むのが見られたのでディナーでも大満足でした!

まずお店に入るとウェイティングラウンジに案内され、ワインやシャンパンで乾杯!

早々に席に案内され、担当のサーバーさんがレミーをモチーフにしたカクテルと作ってくれました!

ちなみにサーバーさんはみんなヨーロッパの方でアメリカ人がいませんでした。

そしてこのメニュー表ワインリストかと思いきや水リストだった!!

いろんな国の水があって、すごいこだわり!

なにがいいのか良くわからなかったのでサーバーさんのお国のお水を選びました!

そしてお料理。

まずはアミューズ。

そしてコースのメニューがこちら!

二人のシェフのコースがあって、主人と一つずつ注文しました。

私が注文したコースのシェフが三ツ星シェフだった気がします。。。

全部で5品出てきて、

一番目

二番目

三番目

四番目

デザート

全体的に主人が注文した方のシェフの方がポツポツ可愛くデコレーションするのが好きだなと言った印象。

味はどれもバランスが取れていて、とても美味しく頂きました。

デザートが終わっても食事はまだまだ終わらず、

デザートはまだまだ!!

お腹いっぱいなので部屋に持ち帰っていいか聞いたら、手前のタルトはだめと言われました〜

残念ながらタルト全部は食べられず、、、

コーヒーも豆の種類から選べて久々においしいコーヒーを飲めました(クルーズ内の無料コーヒーはまずいです、、、)

おみやげにチョコとバラの花までついて満足満足な食事でした!

ちなみに、レミーは18歳以下は入れません。

3の息子くんはイッツァスモールワールドという託児にお世話になりました。

プリスクールで預けられることには慣れている息子くんですが、迎えに行くと出された夕飯は何も食べなかったとちょっとご立腹。

託児のスタッフの方々はすごくいい子にしてたと言ってくださったのですが、、、

息子くんの為に、レミーからガバナスというビュッフェレストランに行くことになりました〜

お詫びに有料のアイスクリーム屋さんでアイスも買ってあげました!

レミーはチップや飲み物など合わせると一人200ドルあまり追加でかかりますが、それでも十分行く価値ありだと思います!

きっと大人のステキなひと時が過ごせますよ☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です