牛タンを自宅でさばく方法

先日友達が、カットされていない牛タンがスーパーで売られていて、自分でさばくと1本で上タンからタンシチューまで丸ごと頂けるという情報をゲットし、早速試してみることにしました!

まずはさばいた後のおいしそうなタンたちの写真!

一本18ドルほどでこんなにたくさんのタンが頂けました!

では早速さばき方をご紹介します。

ここからは写真がちょっとリアルなので苦手な方はご注意を・・・

 

スポンサーリンク

 

牛タンのさばき方


ネットなどでいろいろ調べて自分なりにやりやすいやり方でさばきました。

まずはこちらがスーパーで売られているタン!

こんな感じにパックに入って売られているので買いやすいです。

それでは下処理からご紹介します。

  1. パックを空けて、血を洗い流す
    最初ちょっと血生臭いですが、しっかり洗い流せばすぐになくなります。
  2. 塩を振って、揉みこむようにして内側の血もきれいに取り出す
    塩はけちらず使いましょう。最初タンは固いので、頑張って揉んでいくとやわらかくなってきます。血が抜けたら塩もきれいに洗い流します。

洗った後のタンはこんな感じです。舌の皮がリアル・・・

3.付け根を切り落とす
上の写真でいうと、上部がタンの根元になります。その上部の左側の筋張っている部分が筋肉です。指でなぞると筋肉とタンの境目がへこんでいるのでそこを切り落とします。

付け根を切り落とした状態がこれです。

4.タンの皮をそぐ
この作業が一番根気がいります。
一旦軽く冷凍させる方法もあるようですが、そのままそぎました。
黒い部分が皮なので、皮に軽くナイフを入れ、ちょっとそいだ皮を引っ張りながらナイフを少しずつ入れていきます。皮は固いので、指を切らないように注意してください。

やっているとだんだんコツをつかんでくるかと・・・

頑張ってそいだタンがこれ。左半分が上タン、真ん中らへんが普通のタンです。

5.半冷凍させてからスライスする
そのままだとぶよぶよでスライスしにくいので、軽く冷凍させます。
タンは根元半分ぐらいが上タン、残り半分は普通のタン、先っぽの部分はタンシチューやカレーなどのどうぞ。

スライスした牛タンがこちら。

ちなみに最初に切り落とした付け根の筋肉の部分は筋を切り落として、タンの先っぽと一緒にカレーにしました。

かなり筋張っているので、切り落とすと半分ぐらいになります。

焼肉用のタンはレモンネギ塩で頂きました。

自分でさばいたタンは美味しさも増しますね。

スポンサーリンク

友達とああでもないこうでもないと言いながらやったので1時間ほどかかりましたが、慣れれば30分ぐらいでさばけるかと思います。

皮をそぐ作業が結構大変で、翌日右手が軽い筋肉痛になりました。

次はもっと要領よくできるかな。

アメリカのスーパーで丸ごとタンを見つけたら、ぜひ試してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です